意味ゴヨウぶろぐ

言葉の意味・誤用・誤読・誤字に関した記事を扱っているブログです。

『国語に関する世論調査(H29)』の新語・誤用まとめ

f:id:toshikoro:20190222221231j:plain

 

 文化庁が毎年行っている『国語に関する世論調査(平成29年度)』で調査された6つの新語・3つの意味の誤用・3つの言い方の誤用についてまとめてみました。

※実施時期は平成30年3月、調査対象は全16歳以上の男女、調査対象数は3579人、有効回答数(率)は2022人(56.5%)です

www.bunka.go.jp

 

 

 

 

 

新語を聞いたこと・使ったことがあるかどうか

 

 下記6つの新語を聞いたことがあるか否か、また使ったことがあるか否かについての調査結果です。

 

ほぼほぼ

 

「ほぼほぼ」の意味

完全にかなり近いさま。確実にかなり近いさま。ほぼを強調した表現。

例文

ほぼほぼ完成している

質問

例文の言い方を聞いたこと・使ったことがあるか

回答

・聞いたことがない(31.0%)
・聞いたことはあるが使うことはない(41.2%)
・使うことがある(27.3%)
・分からない(0.5%)

 

 年代別の割合を見ると、若い年代ほど使うと答えた人の割合が高く、16~19歳は56.6%で20代は60.5%もありました。
 
 「聞いたことがない」と答えた人の割合は60代が42.5%、70歳以上が59.3%となっています。50代以下の年代は8割前後の人が「ほぼほぼ」という言葉を知っているようですが、高齢層にはあまり知られていないようです。

 

後ろ倒し(うしろだおし)

 

「後ろ倒し(うしろだおし)」の意味

 

予定・見込みを遅らせて先に延ばすこと。先送り。

例文

開始の時期を後ろ倒しにする

質問

例文の言い方を聞いたこと・使ったことがあるか

回答

・聞いたことがない(42.5%)
・聞いたことはあるが使うことはない(44.5%)
・使うことがある(12.3%)
・分からない(0.8%)

 

 「後ろ倒し」は、使うことがあると答えた人の割合が
全ての年代で2割以下でした。まだこの言葉は、一般化していないようですね。

 

 

 

上から目線(うえからめせん)

 

「上から目線(うえからめせん)」の意味

 

偉そうな態度を取ること。偉そうな言い方をすること。上の立場の者が下の立場の者に示す言動。

例文

上から目線の言い方をされた

質問

例文の言い方を聞いたこと・使ったことがあるか

回答

・聞いたことがない(4.8%)
・聞いたことはあるが使うことはない(37.2%)
・使うことがある(57.4%)
・分からない(0.5%)

 

 「上から目線」を「使うことがある」と答えた割合が最も高かったのは16~19歳の81.9%で、20代・30代・40代も70%以上になりました。50代は66.8%、60代は50.1%と、年代が上がるに従って使う人の割合は低くなっていきますが、5割を下回ったのは70歳以上(30.7%)だけでした。

 

 「上から目線」は一般化した言葉といえるでしょう。

 

タメ口(ためくち・ためぐち)

 

「タメ口(ためくち・ためぐち)」の意味

 

対等の立場で相手と話すこと。年齢の低い者が高い者に対等の話し方をすること。

例文

彼とはタメ口で話をする

質問

例文の言い方を聞いたこと・使ったことがあるか

回答

・聞いたことがない(12.6%)
・聞いたことはあるが使うことはない(35.2%)
・使うことがある(51.0%)
・分からない(1.2%)

 

 年代別にみると、「使うことがある」を選んだ割合は、16歳~19歳・20代・30代で8割を超えています。しかし、年代が高くなるに従って、使う人の割合が低くなっています。
 「聞いたことがない」と答えた人の割合は、70歳以上(35.1%)以外の全年代で10%を切りました。

 「タメ口」という言葉を、多くの人が使っているようですね。

 

ガチ

 

「ガチ」の意味

真剣に。真面目に。本当に。本気で。

例文

ガチで勝負する

質問

例文の言い方を聞いたこと・使ったことがあるか

回答

・聞いたことがない(11.1%)
・聞いたことはあるが使うことはない(46.9%)
・使うことがある(41.0%)
・分からない(0.9%)

 

 年代別にみると、「聞いたことがない」と答えた人の割合は、70歳以上(29.7%)以外の全ての年代で10%を切りました。
 また、若い人ほどこの言葉を使っており、年齢が上がるに従って使う人の割合が低くなっています。

 

立ち位置(たちいち)

 

「立ち位置(たちいち)」の意味

人間関係や社会の中で、その人が取る立場

例文

自分の立ち位置を確認する

質問

例文の言い方を聞いたこと・使ったことがあるか

回答

・聞いたことがない(10.1%)
・聞いたことはあるが使うことはない(40.5%)
・使うことがある(48.5%)
・分からない(0.9%)

 

 年代別にみると、「使うことがある」を選んだ割合は、16歳~19歳・20代・30代で7割前後ありました。しかし、年代が高くなるに従って、使う人の割合が低くなっています。
 「聞いたことがない」と答えた人の割合は、70歳以上(25.7%)以外の全ての年代で10%を切りました。 

 

 「立ち位置」は一般化した言葉といえるでしょう。

 

 

 

 

慣用句などの本来の意味を選択できるかどうか

 

 下記3つの慣用句などについて、本来の意味と誤った意味を選択させた調査結果です。

 

檄を飛ばす(げきをとばす)

 

本来の意味…自分の主張や考えを、広く人々に知らせて同意を求めること

誤った意味…元気のない者に刺激を与えて活気付けること

 

本来の意味を選んだ人の割合

・22.1%(29年度)
・19.3%(19年度)
・14.6%(15年度)

誤った意味を選んだ人の割合

・67.4%(29年度)
・72.9%(19年度)
・74.1%(15年度)

 

 年々、「檄を飛ばす」を誤用する人の割合が下がっていますが、7割近くの人が誤った意味で捉えているようです。

 

やおら

 

本来の意味…ゆっくりと

誤った意味…急に、いきなり

 

本来の意味を選んだ人の割合

・39.8%(29年度)
・40.5%(18年度)

誤った意味を選んだ人の割合

・30.9%(29年度)
・43.7%(18年度)

 

 本来の意味を選ぶ人の割合は殆ど変わりませんが、誤った意味を選ぶ人の割合が10%ほど下がっています。

 

なし崩し

 

本来の意味…少しずつ返していくこと

誤った意味…なかったことにすること

 

本来の意味を選んだ人の割合

・19.5%(29年度)

誤った意味を選んだ人の割合

・65.6%(29年度)

 

 全ての年代で誤った意味を選んだ人の割合が、本来の意味を選んだ人の割合の3倍以上になりました。
 誤った意味が完全に定着していますね。

 

 

 

 

慣用句などの本来の言い方を選択できるかどうか

 

 下記3つの慣用句について、本来の言い方と誤った言い方を選択させた調査結果です。

 

采配を振る(さいはいをふる)

 

意味…指図する。指揮する。

 

本来の言い方「采配を振る」を選んだ人の割合

・32.2%(29年度)
・28.6%(20年度)

誤った言い方「采配を振るう」を選んだ人の割合

・56.9%(29年度)
・58.4%(20年度)

 

 本来の言い方をする人が微増し、誤った言い方をする人は微減していますが、多くの人が誤用しています。

 

溜飲を下げる(りゅういんをさげる)

 

意味…不平不満・恨みなどを解消して、胸がすっとする

 

本来の言い方「溜飲を下げる」を選んだ人の割合

・37.4%(29年度)
・39.8%(19年度)

誤った言い方「溜飲を晴らす」を選んだ人の割合

・32.9%(29年度)
・26.1%(19年度)

 

 誤った言い方をする人の割合が、ここ10年で6.8%上がっています。
 誤った言い方をする人の割合を年代別に見ると、殆どの年代で3割前後でした。しかし、16~19歳だけが56.6%も誤った言い方を選んでおり、その割合の高さが突出しています。

 

白羽の矢が立つ(しらはのやがたつ)

 

意味…多く中から犠牲者として選び出される。多くの中から特に指定して選び出される。

 

本来の言い方「白羽の矢が立つ」を選んだ人の割合

・75.5%(29年度)

誤った言い方「白羽の矢が当たる」を選んだ人の割合

・15.1%(29年度)

 

 誤った言い方をしている人の割合は、全ての年代で2割以下しかしない、という結果がでました。

 

www.imi-goyou-godoku-goji.com

 

 

プライバシーポリシー