意味ゴヨウぶろぐ

言葉の意味・誤用・誤読・誤字に関した記事を扱っているブログです。

爆笑の意味 『1人で爆笑は誤用ではない?』

f:id:toshikoro:20181219215742j:plain

 

 

 

 

爆笑(ばくしょう)の意味

 

○1人もしくは少人数が、大声で笑う

○多くの人が一度にどっと笑うこと

 

 「1人もしくは少人数が、大声で笑う」「多くの人が、一度にどっと笑う」のどちらも正しい意味です。

 

 「爆笑(ばくしょう)」は昭和初期に一般化した新しい言葉で、「1人で」「少数で」「大勢で」などの人数を限定する意味はありませんでした。しかしある時期を境に、複数の辞書が「多くの人が」や「大勢で」などの人数を限定する言葉を載せ始めたため、「爆笑の正しい意味は、大勢で一度にどっと笑うこと」という誤解が広まってしまったようです。
 そうした経緯については、『三省堂国語辞典のひみつ(飯間浩明)』に詳しく記されているので、是非読んでみてください。

 

例文

 

○母がバラエティ番組を見て爆笑している。

○芸人のギャグで、会場にいた全ての観客が爆笑した。

○明石家が絶妙なタイミングでおどけたので、クラスのみんなが爆笑した。

○深夜にも拘わらず、1人で爆笑してしまった

 

類語

 

 爆笑の類語は、大笑い・哄笑・高笑いです。

 

哄笑…大口を開けてわらう。大声で笑う。

大笑い…大声で笑う

高笑い…遠慮なく大声で笑う

 

辞書の説明文の変更

 

 最近は多くの辞書が「1人もしくは少人数が、大声で笑う」の意味を載せています。

 広辞苑の第6版では「大勢が大声でどっと笑うこと」と説明していたのが、第7版では「はじけるように大声で笑うこと」に変更されました

 三省堂国語辞典の第7版は、「ふき出すように大きく笑うこと」の説明の後に、[笑う人数が問題にされることが多いが、もともと、何人でもよい]と補説を入れています

 

古い用例

 

徳川夢声「漫談集」 1929年

「惣ち無我の境に這入って、どなり、絶叫し、哄笑し、爆笑しの盛況を呈して」

 

徳田秋声「町の踊り場」 1933年

「そして彼は陰鬱に爆笑した」

 

小栗虫太郎「紅毛傾城」 1935年

「それに横蔵は、波浪のような爆笑をあげた」

 

ポイント

・「大勢の人が一度にどっと笑うこと」「1人もしくは少人数が、大声で笑う」のどちらも正しい意味

・後者の意味で使っても誤用ではない

 

www.imi-goyou-godoku-goji.com

 

 

プライバシーポリシー