言葉の意味・誤用と雑記ぶろぐ

言葉の意味・誤用に関した記事と、様々なジャンルの雑記を扱っているブログです。

【誤用の定着】誤用する人の方が多い言葉一覧

f:id:toshikoro:20190326203952p:plain

 

 文化庁が平成7年から毎年行っている「国語に関する世論調査」で、誤用の割合が正用の割合を上回った言葉をまとめてみました。

 最新調査の結果のみを載せています。

 

 

 

 

 

雨模様(あまもよう・あめもよう)

○雨が降り出しそうな空の様子。

×雨が降っている空の様子・雨が降ったりやんだりする空の様子。

※×の意味を正用とする辞書も一部あります

 

 平成22年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が43.3%、誤った使い方をしている人の割合が47.5%でした。

 

【解説記事リンク】雨模様の意味・誤用【使い方・例文・由来・語源】

 

穿った見方(うがったみかた)

○ 物事の本質を的確に捉えた見方。

×疑った見方。ひねくれた見方。

 

 平成23年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が26.4%、誤った使い方をしている人の割合が48.2%でした。

 

「穿った見方」の誤用・意味・類義語【1分で理解】

 

御の字(おんのじ)

○極めて結構なこと。とても有り難いこと。

×一応納得してもいい状態のこと。

 

 平成20年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が38.5%、誤った使い方をしている人の割合が51.4%でした。 

 

 

 

確信犯(かくしんはん)

○政治・道徳・宗教的に正しいという確信を持って行う犯罪。また、その犯人。

×悪事だとわかった上で行われる、信念のない犯罪・悪さを行う人。

※元々は法律に関する学術用語で、信念のない犯罪者・犯罪ではない悪さをする人には使われていませんでした。しかし誤用が定着した事で、通俗的な×の意味を記載する辞書が増えてきています。

 

 平成27年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が17.0%、誤った使い方をしている人の割合が69.4%でした。

 

割愛(かつあい)

○惜しみながら省略する。惜しみながら手放す。愛着の思いを断ち切る。

×重要でないものを省略する。重要でないものを手放す。

 

 平成23年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が17.6%、誤った使い方をしている人の割合が65.1%でした。

 

枯れ木も山のにぎわい(かれきもやまのにぎわい)

○つまらないものでも無いよりまし。

×人を多く集めれば賑やかになる。

 

 平成26年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が37.6%、誤った使い方をしている人の割合が47.2%でした。

 

気が置けない(きがおけない)

○気配りや遠慮をしなくていい。

×気配りや遠慮をする必要がある。

 

 平成24年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が42.7%、誤った使い方をしている人の割合が47.6%でした。

 

「気が置けない」の意味・誤用・類義語【1分で理解】

 

檄を飛ばす(げきをとばす)

○同意を求める。

×頑張るよう活気づける。

※近年、×の意味を載せる辞書が増えてきています。

 

 平成29年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が22.1%、誤った使い方をしている人の割合が67.4%でした。

 

号泣(ごうきゅう)

○大きな声で泣く。

×激しく泣く。

 

 平成29年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が34.1%、誤った使い方をしている人の割合が48.3%でした。

 

姑息(こそく)

○間に合わせに物事をする。その場しのぎ。

×卑怯。

 

 平成22年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が15.0%、誤った使い方をしている人の割合が70.9%でした。

 

触り(さわり)

○一番の聞かせどころ・見どころ。最も印象的な部分。要点。触れること。

×冒頭。イントロ。

 

 平成28年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が36.1%、誤った使い方をしている人の割合が53.3%でした。

 

敷居が高い(しきいがたかい) ※【誤用とは言い切れない語】

○不義理をしたので相手の家に行きにくい。

△上品すぎて、家やお店に入りにくい。

×身分・能力にふさわしくない

※一部の辞書は、△の意味も正用としています。

 

 平成20年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が42.1%、誤った使い方をしている人の割合が45.6%でした。

 

失笑(しっしょう)

○思わず吹き出してしまう。

×笑えないほど呆れてしまう。

 

 平成23年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が27.7%、誤った使い方をしている人の割合が60.4%でした。

 

世間擦れ(せけんずれ)

○社会で揉まれた結果、世間の表裏に通じて悪賢くなる。

×世間の常識から逸脱している。世間知らず。独自の発想を持っている。

 

 平成25年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が35.6%、誤った使い方をしている人の割合が55.2%でした。

 

 

 

ぞっとしない

○あまり面白くない。あまり感心しない。

×恐ろしくない

 

 平成28年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が22.8%、誤った使い方をしている人の割合が56.1%でした。

 

「ぞっとしない」の誤用・意味・使い方・例文【1分で理解】

 

手を拱く(てをこまねく・てをこまぬく)

○何もせずに傍観する。腕組みをする。

×準備をして待ちかまえる。

 

※「何か出来るのに傍観している場合」と「為すすべもなくただ見ているしかない場合」の両方に使えます

 

 平成20年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が40.1%、誤った使い方をしている人の割合が45.6%でした。

 

【解説記事リンク】「手をこまねく」の誤用【意味・使い方・語源・類義語】

 

時を分かたず(ときをわかたず)

○いつも。

×すぐに。

 

 平成20年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が14.1%、誤った使い方をしている人の割合が66.8%でした。

 

流れに棹さす(ながれにさおさす)

○傾向に乗じて、勢いをつける。

×傾向に逆らう。

※気弱かどうかや、社交性は関係ない。

 

 平成24年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が23.4%、誤った使い方をしている人の割合が59.4%でした。

 

なし崩し(なしくずし)

○物事を少しずつ済ませてゆくこと。

×いい加減にやる。曖昧にする。

 

 平成29年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が19.6%、誤った使い方をしている人の割合が65.6%でした。

 

にやける

○男性が女性のように、色っぽい仕草をする。

×薄笑いをする。

 

 平成23年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が14.7%、誤った使い方をしている人の割合が76.5%でした。

 

 

 

破天荒(はてんこう)

○誰も成し得なかったことを初めてする。

×型破りで大胆な様子。

 

 平成20年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が16.9%、誤った使い方をしている人の割合が64.2%でした。

 

憮然(ぶぜん) ※【誤用とは言い切れない語】

○失望したり落胆したりしてぼんやりするさま。意外なことに驚いて呆然とするさま。

△腹を立てているさま。不満なさま。不機嫌なさま。

※一部の辞書は「腹を立てているさま・不満なさま・不機嫌なさま」の意味を載せています。

 

 平成19年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が17.1%、△の使い方をしている人の割合が70.8%でした。

 

「憮然」の意味・誤用・類義語・例文・英語【1分で理解】 - 意味ゴヨウぶろぐ

 

噴飯(ふんぱん)

○あまりのおかしさに、思わず笑ってしまう。

×腹立たしい。

 

 平成24年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が19.7%、誤った使い方をしている人の割合が49.0%でした。

 

まんじりともしない

○少しも眠れない。

×少しも動かない。

※近年、×の意味を載せる辞書が出てきている。

 

 平成25年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が28.7%、誤った使い方をしている人の割合が51.5%でした。

 

やおら

○ゆっくりと事を行うさま。

×急に。唐突に。

 

 平成18年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が40.5%、誤った使い方をしている人の割合が43.7%でした。

 

役不足(やくぶそく)

○本人の力量に対して、与えられた役目が軽いこと。

×与えられた役目を全うする力量がないこと。

※×の意味の言葉は、「力不足」です。

 

 平成24年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が41.6%、誤った使い方をしている人の割合が51.0%でした。

 

やぶさかで(は)ない

○躊躇わずに~する。~する努力を惜しまない。喜んで~する。

×仕方がないから~する。~したくない訳ではない。~してみてもいい。

※「~にやぶさかで(は)ない」の形で使われることが多いです

 

 平成25年度の調査では、正しい使い方をしている人の割合が33.8%、誤った使い方をしている人の割合が43.7%でした。

 

【解説記事リンク】「やぶさかではない」の誤用『仕方ないという意味ではない』

 

 

www.imi-goyou-godoku-goji.com

 

 

プライバシーポリシー