意味ゴヨウぶろぐ

言葉の意味・誤用・誤読・誤字に関した記事を扱っているブログです。

「御の字」の誤用【意味・使い方・例文・語源・由来】

f:id:toshikoro:20190403130340j:plain

 

 

 

 

 

 

「御の字(おんのじ)」の意味

 

「御の字」の正しい意味1

○とても有り難いこと。望みが叶って、大いに満足していること。

「御の字」の正しい意味2

○最上のもの。極上のもの。

「御の字」の誤った意味

×満足していないが納得してもいい。妥協する。

 

 「御の字(おんのじ)」には、「非常に結構なこと」と「最上のもの」の2つの意味があります。ただし現在では、「最上のもの」の意味はあまり使われていません。

 「御の字」を「満足していないが納得してもいい」という意味で使う人もいますが、これは誤用です。

 

 「御の字」は、「満足していないが納得してもいい」と妥協を表す時に使う言葉ではなく、「大いに満足した時」「とても有り難いと思う時」に使う言葉です。
 例えば「車の修理代が10万円なら御の字だ」という文章は、「修理代が10万円を大きく超えると思っていたのに、10万円で済んで大いに満足した」という意味になります。

 

 また、「御の字」を「恩の字」と書く人もいますが、誤字なので注意して下さい。「恩の字」という言葉はありません。

 

 

 

 

「御の字」の例文

 

○この料理すごく美味しいね。たった300円で作ったのなら御の字だよ。

○ 掃除が終わるまでに2時間は掛かると思っていたが、1時間半で終わった。これは御の字の結果といえるだろう。

×今日の小テストで90点は取れると思っていたが、80点取れたからまぁ御の字かな。

×目標のタイムには届かなかったけど、初心者でここまで走れるのなら御の字だね。

 

 

「御の字」の類義語・誤った意味を表す語

 

「御の字」の類義語

 

満足

意味…満ち足りて不平不満がないこと。また、そのさま。

有り難い

意味…人の好意や協力に対して、非常に感謝するさま。

文句なし

意味…苦情を言う余地がないこと。また、そのさま。

本望

意味…望みを達成して喜びを感じること。

 

「御の字」の誤った意味を表す語

 

妥協点

意味…互いに譲歩し合って一致できる点。

及第点

意味…試験や検査に合格するのに必要な点。

まあまあ

意味…一応は納得できるさま。

まずまず

意味…完璧ではないが、一応納得できるさま。まあまあ。

 

 

「御の字」の語源・由来

 

 「御の字」は遊女達が使っていた郭言葉(くるわことば)の一つで、江戸初期にできた遊里語です。
 「御」は、尊敬の意を表したり丁寧に表現する時に、他の語の上に付ける接頭語です。その「御」を付けたいほど非常に有り難いものという意味で、「御の字」という言葉が使われるようになりました。

 

 

国語に関する世論調査

 

 文化庁が平成20年度に行った「国語に関する世論調査」では、「御の字」を正しい意味で使っている人の割合が38.5%、誤った意味で使っている人の割合が51.4%でした。

 

 意味が分からないと答えた人の割合は5.6%なので、多くの人が「御の字」という言葉を日常的に使っていると考えられます。
 また、全ての年代で誤用が正用を上回っており、特に誤用の割合が高かったのは16~19歳の年代と60歳以上の年代でした。

 

 

まとめ

 

まとめ

・「御の字(おんのじ)」の正しい意味は、「とても有り難いこと。望みが叶って、大いに満足していること」と「最上のもの。極上のもの」。

 

・「満足していないが納得してもいい」という意味で使うのは誤用。

 

・「御の字」は妥協する時に使う言葉ではなく、満足している時に使う言葉。

 

・「最上のもの。極上のもの」の意味は、あまり使われなくなった。

 

・「恩の字」という言葉はない。

 

・「御の字」の類義語は、「満足」「有り難い」「文句なし」「本望」。

 

・誤った意味「満足していないが納得してもいい」を表す言葉は、「妥協点」「及第点」「まあまあ」「まずまず」。

 

 

www.imi-goyou-godoku-goji.com

 

 

プライバシーポリシー