言葉の意味・誤用と雑記ぶろぐ

言葉の意味・誤用に関した記事と、様々なジャンルの雑記を扱っているブログです。

「杞憂」の意味・誤用・類義語・使い方・例文【2分で理解】

f:id:toshikoro:20170425220045j:plain

 

 

 

 

 

 

「杞憂(きゆう)」の意味

 

杞憂の正しい意味

○無用の心配をする。取り越し苦労。

杞憂の誤った意味

×心配する。

 

 「杞憂(きゆう)」は「無用の心配をする」という意味の言葉なので、単に「心配する」という意味で使うのは誤用です。
 また、「杞憂」を「紀憂」「杞優」と書くのは誤りです。

 

 杞(き)の国に「天が落ちたり地が崩れたらどうしよう」と無用の心配して憂う人がいた、という中国の故事が「杞憂」の由来になります(列子・天瑞)。

 

 

 

「杞憂」の使い方・言い回し・例文

 

「杞憂に終わる」の例文

 

例文

○台風の被害がでないかという心配が、杞憂に終わればいいな。

 

○ 杞憂に終わるかもしれないが、もしもの時のために防災用品を備えておいた方がいいと思う。

 

○台風の被害が出ないかと恐れていたが、そうした懸念は杞憂に終わった。

 

 「杞憂に終わる」はよく使われる言い回しで、「杞憂に終わった」は「杞憂だった」と言い換えることができます。

 

「杞憂に過ぎない」の例文

 

例文

○台風の風雨で家に被害がでないか気がかりだったが、杞憂に過ぎなかったようだ。

 

 「杞憂に過ぎない」は、「無用の心配をする必要はない(必要はなかった)」という意味です。

 

「杞憂であれば」の例文

 

例文

○ 杞憂であればいいのだが、台風がこの辺り一帯に出す被害を心配している。

 

 「杞憂であれば」は、「今心配している問題が起こらなければいい」と表したい時によく使われます。

 

「杞憂」の誤用例

 

例文

×いやね、台風で家が損壊しないかを杞憂しているんだ。

 

 無用の心配ではないので誤用です。

 

「杞憂」の同義語・類義語・英語表現

 

同義語

杞人天憂・杞人天を憂う・杞人の憂い

類義語

取り越し苦労・思い過ごし・強迫観念・被害妄想・無用の心配・心配しすぎ

英語表現

pointless concern(無用な心配)
prove unfounded(杞憂に終わる)
groundless fear(無駄な心配)

 

 

www.imi-goyou-godoku-goji.com

 

 

プライバシーポリシー