言葉の意味・誤用と雑記ぶろぐ

言葉の意味・誤用に関した記事と、様々なジャンルの雑記を扱っているブログです。

「潮時」の誤用【意味・類義語・例文・英語・使い方】

f:id:toshikoro:20170505193351j:plain

 

 別ブログに投稿した古い記事を加筆修正しました。

 

 

 

 

 

 

「潮時(しおどき)」の意味・使い方

 

潮時の正しい意味

○1.潮が満ちる時・引く時。

○2.物事を始めたり終えたりするのに丁度いい時期。好機。

潮時の誤った意味

×物事の終わり。引き際。不本意だが辞める時期。不本意だが終える時期。

 

 「潮時(しおどき)」の正しい意味は「物事を始めたり終えたりするのに、丁度いい時期」「潮が満ちるとき・引くとき」です。

 ですから、「単に何かを終える時・やめる時」や、「嫌々終える時・やめる時」という意味で使うのは誤用になります。

 

 「潮時」は消極的な意味ではなく、積極的な意味で用いる言葉です。

 「○○を始めるには(終えるには)」+「丁度いい時期(またとない機会)」という前向きな意味になるように使いましょう。

 

 

 

 

「潮時」を使った例文・誤用例

 

○ 昨日、交換留学生の応募受付が始まった。これは、またとない潮時だ。

○無駄な投資はスッパリ止めて、今一度潮時を見計らおう。

×「彼女とはもう潮時だ」と考え、別れを切り出した。

×ミスを連発するゴールキーパーを見て、あの選手はもう潮時だなと思った。

 

 

「潮時」の類義語・言い回し・英語表現

 

「潮時」の類義語

丁度いい時期・好機・チャンス・到来・転機・勝負どころ・頃合い・時機・タイミング・折り・千載一遇・旬

「物事の終わり・辞め時」の言い換え表現

 

「○○(物事)の終わり」「引き際」「引退」「不本意だが辞める(終える)時期」「嫌々(泣く泣く)辞める」「嫌々(泣く泣く)終える」

「潮時」の言い回し

潮時を待つ・潮時を見る・そろそろ潮時だ(か)・潮時を見計らう・またとない潮時

英語表現

・chance(好機)

・good timing(頃合い、時機)

・opportunity(好機)

・perfect timing(完璧な時期、最高の時期)

・wait for an opportunity(潮時を待つ、機会を待つ)

 

 

「潮時」の語源・由来

 

 昔の漁師さん達は潮の満ち引きをよく観察して、最も漁に適した状況になってから出漁したといいます。それが転じて、「物事を始めたり終えたりするのに、丁度いい時期」という意味となりました。

 

 元々は「潮が満ち引きをする時」という意味で用いられ、「しおとき」と言われていたようです。

 近世には、「出産する時期」「死亡する時期」という使われ方がされるようになりした。

 

 

「潮時」の世論調査

 

 文化庁平成24年度に実施した世論調査では、「潮時」の正しい意味を選んだ人の割合が60.0%、誤った意味を選んだ人の割合が36.1%という結果が出ています。

 

 

まとめ

 

まとめ

 

・「潮時(しおどき)」の正しい意味は、「物事を始めたり終えたりするのに丁度いい時期。好機」。

 

・「物事の終わり・引き際・不本意だが終える時期・不本意だが辞める時期」という意味で使うのは誤用。

 

・「潮時」は、物事を始める時・終える時のどちらにでも使える。

 

・「○○を始めるには(終えるには)」+「丁度いい時期(またとない機会)」という積極的な意味で使う。

 

 

www.imi-goyou-godoku-goji.com

 

 

プライバシーポリシー