意味ゴヨウぶろぐ

言葉の意味・誤用・誤読・誤字に関した記事を扱っているブログです。

誤用されがちな「須く(すべからく)」の意味・使い方を解説

f:id:toshikoro:20170611003154j:plain

 

 

 

「須く(すべからく)」の意味・語源

 

○当然なすべき事として。是非とも

×全て。皆

 

 須く(すべからく)の正しい意味は「当然なすべき事として。是非とも」で、「全て。全部。皆」という意味で使うのは誤用です。

 誤用が広まった理由は、「当然なすべき事として」の意味とも「全て」の意味ともとれる使われ方が多い事、後に「~べき」「~べし」を伴う伝統的な語型が意識されなくなってきている事、「すべからく」と「すべて」の読みがやや似ている事などが考えられます。

 「須く」は、「須・応」を「すべからく~べし」と再読した漢文訓読が由来で、古くは徒然草にも例があります。

 

「須く(すべからく)」の使い方・注意点

 

 「須く」は、「何かをすべき」「何かをする必要がある」「何かをしなければならない」といった文脈で用いらます。この語は書き言葉として使われる事が多く、日常会話では殆ど使われません
 また、字面・読みが時代掛かった言葉なので、類義語を使った方が違和感のない文章になる場合も多いです。

 

 本来の用法は後に「~べき」「~べし」という言葉を伴いますが、それらの代わりに「~しなければならない」を伴って用いたり、「~べき」「~べし」「~しなければならない」を省略する人も増えてきています。
 ただし、本来の用法にこだわる人は、「~しなければならない」を伴う用法や、後に伴うはずの言葉の省略をよく思わないので注意して下さい。

 

 もう一つ注意しなければならないのは、正用か誤用かが分かり難いケースです。
 例えば、「エスカレーターは、すべからく片側開けと歩行をせずに利用すべきだ」という文は、「当然なすべき事として、片側開けと歩行をせずに利用すべきだ」とも「皆、片側開けと歩行をせずに利用すべきだ」とも解釈できます。

 

 このように、正しい意味と誤った意味のどちらにも受け取られやすい語なのです。
 ですから「須く」を使う側は、前後の言葉をよく選ぶか類義語に置き換えるかして、相手が誤解しないように注意しましょう。
 「須く」を読んだり聞いたりした側は、文脈をしっかりと捉えて正用か誤用かを判断して下さい。

 

「須く(すべからく)」の例文

 

○成績を上げたいのならば、須く勉学に励むべし。

○親は、すべからく子供の健康状態に気を配るべきだ。

×残った仕事を私に押しつけて、同僚達はすべからく帰宅してしまった。

×彼は、図書館中にある書籍を須く読み尽くしたという。

 

類義語・言い換え表現・英語

 

類義語

 

 下記の語の中から、適切に言い換えられるものを選んで下さい。もちろん、須くを「当然なすべき事として~すべき。是非とも~すべき」と言い換えてもいいでしょう。

 

類義語

当たり前 いうまでもない 必須 当為 是非とも 無論 為すべき

 

「全て。皆」の意味で用いた「須く」の言い換え表現

 

 下記の語の中から、適切に言い換えられるものを選んで下さい。もちろん、「全て。全部。全員。皆」と言い換えてもいいでしょう。

 

誤用した「須く」の言い換え表現

 

あまねく おしなべて ことごとく 残らず 総じて 根こそぎ 一切合切 全体 総体 一様に

 

英語表現「should」

 

英語表現

「should」(助動詞)
意味…「~しなくてはならない」「~すべきである」

 

世論調査

 

 文化庁の調査(平成22年度)では、正しい意味で用いている人の割合が41%で、誤った意味で用いている人の割合が38%でした。
 若年層よりも高齢層の方が、誤用している割合が高いようです。

 

まとめ

 

ポイント

・「須らく(すべからく)」の本来の意味は、「当然なすべき事として」。

 

・本来の用法は、後に「~べき」「~べし」という言葉を伴う。

 

・「全て。皆」の意味で使うのは誤用。

 

・正用か誤用かが分かり辛いケースも多いので、前後の言葉をよく注意するか、類義語を使った方がいい。

 

・この語は書き言葉として使われる事が多く、日常会話では殆ど使われない。

 

www.imi-goyou-godoku-goji.com

 

 

プライバシーポリシー