言葉の意味・誤用と雑記ぶろぐ

言葉の意味・誤用に関した記事と、様々なジャンルの雑記を扱っているブログです。

「悪びれる」の誤用【意味・例文・言い回し・言い換え表現】

f:id:toshikoro:20190108224750j:plain

 

 

 

悪怯れる(わるびれる)の意味・使い方

 

○気後れがして、恥ずかしくなったり、卑屈になったりする。

×反省する様子。悪事を行って悪いと思う様子。ふてぶてしい振る舞い。

 

 悪怯れる(わるびれる)の意味は、「気後れがして、恥ずかしくなったり、卑屈になったりする」で、「反省する様子。悪事を行って悪いと思う様子。ふてぶてしい振る舞い」という意味で使うのは誤用です。

 

 また、悪という字が入っていますが悪事に限定された意味ではありません。「気後れがして、恥ずかしくなったり、卑屈になったり」しているなら、悪事とは関係ない場合にも用いる事ができます。
 この言葉は下に打ち消しの語を伴ってよく使われ、「悪びれる様子もない」「悪びれない」「悪びれもせず」「悪びれず」といった言い回しで誤用される事が多いです。

 

 しかし、○の意味と×の意味のどちらとも取れる場合もあるので、相手が勘違いしないように前後の言葉をよく選びましょう
 ○の「恥ずかしがっている・卑屈になっている」時の様子と、×の「悪事を行って悪いと思う・反省する」時の様子は似ているため、誤用が広がってしまったと考えられます。

 

 この言葉は、周囲の人間が「恥ずかしがったり、卑屈になったりするのが当然」と思う場面で、平然としている人に対して使われることが多いです。

 

「悪びれる」の例文

 

○彼は、私が既に忘れていた出来事を自分から切り出して、ひどく悪びれた様子を見せた。

○あの時、浮気を責められていた夫は、悪びれもせずに開き直った。

×叱ると悪びれずに反論してくるので、彼の印象はあまりよくない。しかし丁寧に説明すれば、ふてぶてしい態度を改めて素直になるので嫌いになり切れない。

 

「悪びれる」の言い回し・言い換え言葉

 

「悪びれる」のよく使われる言い回し

 

「悪びれる様子もない」「悪びれもせず」「悪びれず」「悪びれない」

誤用の「悪びれない」との言い換え表現

 

「悪ぶった」「気を悪くする」「ふてくされる」「反省しない」「悪事を行ったのに悪いと思わない」「ふてぶてしい振る舞い」

 

まとめ

・「悪びれる」の意味は、「気後れがして、恥ずかしくなったり、卑屈になったりする」


・「反省する様子。悪事を行って悪いと思う様子。ふてぶてしい振る舞い」という意味での使い方は誤用。

 

・悪事に限定した意味ではなく、よく下に打消しの語を伴って使われる。

 

・正しい意味で使っているのか否かが分かり難い言葉なので、誤解されないように前後の言葉をしっかり考える

 

www.imi-goyou-godoku-goji.com

 

 

プライバシーポリシー