言葉の意味・誤用と雑記ぶろぐ

言葉の意味・誤用に関した記事と、様々なジャンルの雑記を扱っているブログです。

エモいの意味・使い方【わかりやすく簡単解説】

f:id:toshikoro:20191106151531j:plain

 

 「エモい」はSNSなどでよく目にする言葉ですが、正確な意味を知らないという人も多いと思います。
 そこで今回は「エモい」の意味・使い方・由来・語源・類義語についてまとめてみました。

 

 

 

 

「エモい」の意味・使い方

 

「エモい」の意味

感情が強く動かされる。感情に強く訴えかけてくる。何ともいえない感情になる。ヤバイ。

 

 「エモい」は、主に「感情が強く動かされる。感情に強く訴えかけてくる」や「何ともいえない感情になる」を意味し、emotional(感情的な、情緒的な、感情に訴えるの意)を形容詞化した言葉です。

 

 この言葉は、音楽や景色や日常の出来事などを見聞き・体験して、強く感情が動かされた時に使われる事が多いです。感動したり、感傷的・情緒的になったり、切なくなったり、懐かしくなったり、趣があると感じたり、テンションが上がったりした時など、色々な感情が動いた時に使われます。
 また、そうした感情の動きを含む「何ともいえない感情」になった時にも使われます(ある画像を見て、懐かしさを含む何とも言えない感情になった時など)。

 

 「エモい」は新しい造語なので、意味が明確に定まっている訳ではありません。
 音楽・景色・日常の出来事の他にも様々な対象に用いられています。
 「ヤバイ(すごい)」「エロくてキモい」という意味で用いる人もいますし、「エモみ」という形で感情を動かす性質が表されることもあります。

 

 古語の「いとをかし」と「もののあはれ」も「何ともいえない感情」を表現しており、エモいと殆ど同じ使い方ができます。
 「今年の新語2016」で2位にランクインした際には、「エモい」と「あはれ」は殆ど同じ感情表現だと選評に書かれました。
 メディアアーティストの落合陽一氏も「(エモいは)ロジカルの対極にあるもの」で、「いとをかし」や「もののあはれ」に近い意味を持つと言及しています。

 

 

 

「エモい」の由来・語源

 

 「エモい」の由来になっているのは、海外で20年以上前から存在していた音楽ジャンル「Emo(エモ、イーモウ)」です。Emoはハードロックにルーツを持つため「エモーショナル・ハードコア」と言われることもあります。
 元々「エモい」という言葉は、そうした感情的・情緒的な表現の音楽に対して使われていました。

 

 その後、若者達の間やネット上などで音楽以外の様々な対象に使われるようになりました。
 現在では「感情が強く動かされる。感情に強く訴えかけてくる」「何ともいえない感情になる」という意味をはじめ、多くの意味で用いられています。

 

「エモい」の類義語

 

「エモい」の類義語

感動的、感傷的、情緒的、切ない、懐かしい、趣がある、叙情的、何ともいえない感情、テンションが上がる、グッとくる、物悲しさがある、哀愁漂う、ノスタルジック、エモーショナル、いとをかし、もののあはれ、ヤバイ

 

「エモい」を使った例文

 

この曲エモいね!! 曲名なんて言うの?

今読み終えた小説、超エモかった

昨日、エモみが出ている夜景の写真が撮れた

○○のコーデ、めっちゃエモ~い

成人したので父親と初めて飲んでエモい気分になった

桜は散り際も美しいが、何だかエモみもある

 

 

www.imi-goyou-godoku-goji.com

 

 

プライバシーポリシー