言葉の意味・誤用と雑記ぶろぐ

言葉の意味・誤用に関した記事と、様々なジャンルの雑記を扱っているブログです。

洗濯物の部屋干しのコツ「雨の日・臭い・花粉症・湿気対策」

f:id:toshikoro:20190424153309j:plain

 

 梅雨や台風の時期には、外干しができないので困りますよね。雨の日に部屋干しをしたものの、乾くまでに時間が掛かると困っている方も多いと思います。
 また、洗濯物から生乾きのイヤな臭いがする、という経験をした人もいるでしょう。

 

 実は洗濯物の部屋干しにはコツがあり、いくつかの工夫をすれば乾かす時間を大幅に短縮できるのです。
 今回は、そうした「洗濯物を早く乾かすコツ」や「生乾きのイヤな臭いを発生させない方法」をご紹介していきます。

 

 

 

 

 

 

部屋干しのメリット・デメリット

 

○メリット

・にわか雨などで洗濯物が濡れる心配がなくなる。
・風で洗濯物が飛ばされる心配がなくなる。
・女性は外干ししない事で防犯対策になる。
・衣類が花粉、ホコリ、排気ガスに触れない。
・太陽光に当たらないので、衣類が色あせしない
・虫が付かない
・冬場の部屋干しは、洗濯物の水分で乾燥対策になる。
・エアコンや除湿機で除湿して乾かす場合、部屋のカビ・ダニ対策にもなる。

×デメリット

・部屋に干された洗濯物が鬱陶しい
・乾かすのに時間が掛かる
・洗濯物の所為で部屋の湿度が高くなる
・洗濯物の匂いがする
・外干しよりも生乾きのイヤな臭いが発生しやすい
・湿気の高い季節に除湿や換気をしないと、濡れた衣類から出る湿気がカビ・ダニの発生の原因になる。

 

室内で早く乾かす干し方

 

シャツ・バスタオル・ズボン・パーカーの干し方

  

f:id:toshikoro:20190424202156j:plain

 

 濡れたシャツは、前後の生地が密着した状態では中々乾きません。ボタンを外し襟を立てて、くっついた部分をはがして干して下さい。そうすると空気に触れる部分が増えて乾きやすくなります。
 靴下も同様に、内部に空気が入るようにして干すと乾きやすくなりますよ。

 

 バスタオルは片側だけが長くなるようにハンガーに掛けて、生地が重なる面積を減らすようにしましょう。中央で折るなどして密着した面積が多いと、中々乾かなくなります。
 ピンチハンガーに蛇腹干しにするのも効果的です。

 

 ジーパン・ズボン・スカートなどの布地が厚い衣類を普通に干しても、布地が重なっている部分を乾かすのに時間が掛かってしまいます。
 ですが、ジーパン・ズボン・スカートを裏返してハンガーに掛ける事で空気の流れに触れ、乾きが早くなるのです。
 また、ピンチハンガーに筒状にして掛けると、更に早く乾くようになります。

 

 パーカーは逆さ吊りにして干したり、フード用のハンガーを使ったりすると乾かす時間が減ります。
 フード用のハンガーは自作でき、ハンガーの肩の部分を直角に折り曲げると作れますよ。

 

 

 

 

厚手のハンガーを使う

 

 厚手のハンガーは、通常のハンガーよりも衣類の中を広げてくれます。そうする事で、空気の通りが良くなり乾きが早くなります。

  

 

布地の厚い衣類と、布地の薄い衣類を交互に干す

 

f:id:toshikoro:20190424163629j:plain

 

 布地の厚い衣類だけをまとめて干すと、空気の通りが遮られてしまいます。
 できるだけ布地の厚いものと薄いものを交互に干すようにしましょう。

 乾いた薄い衣類を取り込めば空間ができて、更に早く乾くようになります。

 

ピンチハンガーには、洗濯物をアーチ型で干す

 

 ピンチハンガーには、左右の両端に一番長い洗濯物を干すようにしましょう。そうして、中心あたりに短い洗濯物を干すアーチ型にすると、風が通りやすくなって乾かす時間が短縮できます。
 乾いた小さな洗濯物を取り外すと、更に風の流れがよくなります。

 

 アーチ型にするのが難しい場合、長い洗濯物と短い洗濯物を交互に掛ければ乾かす時間を減らせるでしょう。

 

洗濯物同士を10cm以上離して干す

  

 洗濯物と洗濯物が重なると中々乾かないので、10~15cmほど間隔をとって離して下さい。

 離して干すスペースがない場合は、スタンドタイプ・パラソルタイプの物干しなどを使うといいでしょう。

  

ekans(エカンズ) 室内物干し X型レギュラータイプ EX-101

ekans(エカンズ) 室内物干し X型レギュラータイプ EX-101

 

 

 

 

 

家電を使って早く乾かす

 

洗濯が終わった後で、もう一度脱水する。

 

f:id:toshikoro:20190424202956j:plain

 

 洗濯終了後にもう一度脱水する事で、衣類に含まれる水分が減り乾きやすくなります。通常よりも少し時間をかけて脱水して下さい。

 ただし、衣類によっては痛んでしまうため、デリケートなものは避けておきましょう。

 

5~10分ほど乾燥機能を使う

 

 電気代が掛かるため乾燥機能の使用を控える人もいますが、5~10分だけ乾燥機能を使うだけでも乾きが結構違ってきますし、生乾きのイヤな臭いが防げます。
 また、脱水で付くシワも軽減してくれますよ。

 

 ですが、乾燥×の衣類は避けておきましょう。

 

エアコンを使う

 

f:id:toshikoro:20190424163706j:plain

 

 湿度が高いと洗濯物に含まれる水分が中々蒸発しないので、エアコンの除湿機能を使って除湿するのも効果的です。

 

 「部屋干しモード」を備えた機種もあります。
 しかし機種によっては人が快適と感じる値(50%~60%くらいの湿度)よりも、湿度を大幅に下げてしまいます。湿度を測って50%~60%より低い数字がでたら、誰もいない時に「部屋干しモード」で乾かすようにしましょう。

 

除湿機を使う

 

f:id:toshikoro:20190424163743j:plain

 

 洗濯物の水分は下の方に溜まるので、除湿機から出る乾燥風が洗濯物の下から当たるように置きましょう。除湿は洗濯物の臭い対策・カビ対策にもなります。
 除湿機を使う時は、ドアや窓を閉めて下さい。

 除湿機の電気代は機種や設定にもよって違ってきますが、大体1時間あたり5~8円程度です。


 しかし、初期費用に結構お金が掛かります。

 水タンクやフィルターの掃除を怠ると性能が落ちるので、定期的にメンテナンスをしましょう。

 

 

扇風機・サーキュレーターを使う

 

f:id:toshikoro:20190424163818j:plain

 

 扇風機・サーキュレーターで洗濯物に送風するのも一つの手です。これだけで劇的に乾くのが早くなる訳ではありませんが、エアコンと一緒に使うと乾かすまでの時間が短縮できます。
 扇風機・サーキュレーター単体の電気代も安く、エアコンの稼働時間も減るので、トータルで見ても節約になります。

 

 洗濯の量次第ですが、扇風機・サーキュレーターとエアコンを同時に使った場合、2時間程度で乾くはずです。
 また、優先的に厚手の衣類に風を送るようにすると、洗濯物を効率的に乾かせます。
 部屋干しでも5時間以内に乾かせば、生乾きのイヤな臭いが防げるというデータもあります。臭いを発生させないために、一気に乾かしてしまいましょう。

 

 

 

 

浴室乾燥機を使う

 

 浴室乾燥機を使う前に、1時間ほど窓を開けたり換気扇を回したりして下さい。
 湿気が残ったままだと浴室乾燥機の稼働時間が長くなり、電気代がかさんでしまいます。
 サッと拭いて室内の水気をとり、浴槽の水を抜き蓋を閉めておけば、更に稼働時間を短くできます。

 

 フィルターにゴミが詰まると乾きにくくなり故障の原因にもなるので、定期的に掃除をするようにしましょう。

 

 

その他の早く乾かす方法・臭いを防ぐ方法

 

空気の流れを作る

 

 エアコンや除湿機で除湿をしない場合は、窓を開けたり換気扇を回したりして空気の流れを作って下さい。
 風通しが良くなることで洗濯物が乾きやすくなり、生乾きの臭いを防げます。

 

 しかし、雨の日にこれをやると逆効果になるので注意しましょう。

 

脱いだ衣類を放置しない・洗濯はこまめにする

 

 脱いだ衣類をため込んでおくと、雑菌が繁殖してしまいます。
 洗濯機の容量ギリギリに洗濯物を詰め込むと、汚れが落ちにくくなります。洗濯物がいっぱいある時は容量の8割くらいにするか、2度に分けて洗濯して下さい。
 温水で洗濯すると(40℃以上)、衣類の汚れが落ちやすくなります。

 

部屋干し用の洗剤・柔軟材を使う

 

 部屋干し用の洗剤・柔軟材は普通の洗剤よりも除菌効果が高く、生乾きのイヤな臭いの元となる雑菌・カビを取り除けます。
 洗剤の量が多すぎると、衣類にこびり付いた洗剤が雑菌を繁殖させる原因になります。洗浄力が強くても、量を少なくしては汚れが取れません。
 決められた量を守って使用して下さい。

  

【業務用 大容量】部屋干しトップ 洗濯洗剤 液体 4kg

【業務用 大容量】部屋干しトップ 洗濯洗剤 液体 4kg

 

 

洗濯ネットに入れる洗濯物は6~7割程度にする

 

 洗濯ネットに衣類を入れすぎると、上手く洗えず汚れが落ちません。洗濯中に適度に動くように、6~7割を目安に入れて下さい。

 

 

洗濯物を干す場所

 

浴室に干すと効果的

 

f:id:toshikoro:20190424163901j:plain

 

 浴室は湿気対策されている場合が多いため、洗濯物を干すのにもってこいの場所です(※換気扇がなかったり、風通しが悪い場合は不向き)。スタンドタイプ・パラソルタイプの物干しや、突っ張り棒などを使って干して下さい。
 浴室乾燥機や除湿機を使って乾かすと、カビ対策にもなります。

 

 除湿する前に浴槽の水を抜き蓋をして下さい。そして、換気をし室内の水を拭いておくと、機械の稼働時間が短くなり、電気代を節約できます。
 まぁ、水を拭くのは面倒だとしても他の事をサッとするだけで、稼働時間が結構変わってきます。

 

窓際に干さず、部屋の中央や通路に干す

 

 窓際や壁際は空気の流れが滞るので、洗濯物があまり乾きません。
 湿気対策されていない等の理由でバスルームに干せないのなら、部屋干し用のグッズや突っ張り棒を使って、部屋の中央や通路に干しましょう。
 扇風機・サーキュレーターの風を下から当てると、自然乾燥よりは早く乾きます。
 
 雨の日に窓際に洗濯物を干すと、湿気が中々とれず生乾きのイヤな臭いがするようになります。
 濡れた時間が長くなると、臭いの原因である雑菌がどんどん増えていくため、特に雨の日には窓際に干さないで下さい。
 カーテンレールで干している場合、カーテンの汚れが洗濯物についたり、洗濯物の水分がカビの原因になることもあります。

 

一つの場所にまとめて干さない

 

 多くの洗濯物を一カ所に干すと風通しが悪くなり、乾くまでに時間がかかってしまいます。
 洗濯物の量が大してないのなら話は別ですが、洗濯物の量が多いのならいくつかの場所に分けて干すか、洗濯する回数を増やした方がいいです。

 

洗濯物を放置しない、洗濯漕・かごを清潔に保つ

 

f:id:toshikoro:20190424164156j:plain

 

 洗濯漕の中にも雑菌がいるので、「洗たく漕クリーナー」などを使って定期的に掃除をしてください。
 洗濯終了後にフタを開き、雑菌やカビが繁殖させるのを防ぎましょう。

 

 洗濯後、干さずに長い間放置しないようにして下さい。洗濯が終わったら早い内に干した方がいいです。
 洗濯かごを清潔に保ち、臭いの原因となる雑菌の増殖を防ぐことも重要です。

 

 洗濯の「洗い」に残り湯を使っている場合でも、「すすぎ」には水道水を使うようにして下さい。
 時間が経った残り湯には雑菌が繁殖しているので、使わないようにしましょう。

 

 

シャボン玉 洗たく槽クリーナー 500g

シャボン玉 洗たく槽クリーナー 500g

 

 

 

 

プライバシーポリシー